女性は妊娠から産後の間、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が急激に増減します。
それにより肌が不安定になりやすく、肌トラブルが起きやすい状態です。

特に、出産後は育児などで睡眠不足になったり、体力低下などにより、肌が本来持っている
免疫力が下がり、肌を健康に保つ機能も低下
しやすくなっています。
また、出産前と肌質が変わって、乾燥肌になったり、敏感肌になったりして、
肌荒れや湿疹などができやすくなります。


ここでは、出産後のママの肌はどんなトラブルが起きやすいのか。
その症状と原因をみていきましょう。

乾燥

妊娠すると増える女性ホルモンのエストロゲンは、肌の弾力やハリを保つ働きがあり、
妊娠中はどちらかというと乾燥にしくい状態です。
しかし、産後はそのエストロゲンの分泌量が急激に減少し肌は乾燥気味に!
また母乳育児のママはとくに、水分不足になりやすく肌もとても乾燥しやすくなります。

肌が乾燥していると、皮膚のバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなり、
シミもできやすくなるので、とにかく産後は肌の保湿と水分補給を心がけたいですね!

湿疹・かゆみ・蕁麻疹

もともとアレルギー体質や敏感肌でなくても、産後はホルモンバランスが急激に変化したり、
産後ストレス、睡眠不足、疲労などで免疫力やお肌のバリア機能が低下したりしているため、
かゆみや湿疹といった肌トラブルが起きやすくなります。
ひどい場合、蕁麻疹にもなる場合があります。

シミ・そばかす

妊娠中はメラニンが増加するため、シミやそばかすができやすくなり、妊娠線ができたり、
もともとメラニンが多い乳首や外陰部、ワキ、正中線も妊娠中は濃くなります。

出産後も赤ちゃんへの授乳により、乳首が強い力で刺激されることにより、肌のバリア機能が働き、
メラニン色素の生成が活発になるため乳首が黒ずんで色素沈着を起こしています。
またメラニン色素の生成が活発になると、肌のくすみの原因になるシミや黒ずみの出来やすく、
日焼けなどでもシミができやすい状態です。

肌のトラブルに悩んでいても、赤ちゃんのお世話や家事などで産後のママは、
なかなか自分のお肌の手入れにまで手が回りませんよね・・・
しかし、産後の肌トラブルをそのまま放置しておくと、お肌の老化に繋がってしまいます
忙しい中でもできるだけ自分に気を使って肌の調子を整えるためのスキンケアをしてほしい!!

そんな産後の肌トラブルを解決!まとめてきれいに